町田の税理士 大貫利一税理士事務所・あずさ行政書士事務所 会計支援、相続・老後の資産管理の相談

お問い合わせ お問い合わせ

相続コラム

遺産相続、兄弟

2013年7月3日

相続で、例えば配偶者との間に子どもがいない場合には、配偶者と次は親なんですね。
通常高齢で亡くなると親もいませんから、そうすると相続人はどこにいくかっていうと兄弟姉妹にいきます。
その場合の相続について、兄弟間に渡すわけですが、兄弟については遺留分がないんですね。
けれども、兄弟についても比較的簡単に済むかっていうと、意外ともめたりするケースもあるというふうによく言われています。


まずはメールで相談してみる

このページのTOPへ