町田の税理士 大貫利一税理士事務所・あずさ行政書士事務所 会計支援、相続・老後の資産管理の相談

お問い合わせ お問い合わせ

相続コラム

法定相続人

2013年5月30日

法定相続人というのは、民法に規定する相続人で、通常、配偶者については常に相続人です。
配偶者に次いで子があれば配偶者と子が相続人となり、子がなければ、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。
その前に被相続人のご両親がいれば配偶者と被相続人のご両親が相続人となります。
ですから、配偶者がまずは優先され、配偶者と子があれば配偶者と子が相続人になります。
配偶者との間に子がなければ配偶者とご両親。ご両親も亡くなってる場合には、配偶者と被相続人の兄弟姉妹。
これが法定相続人といわれているものです。


まずはメールで相談してみる

このページのTOPへ