町田の税理士 大貫利一税理士事務所・あずさ行政書士事務所 会計支援、相続・老後の資産管理の相談

お問い合わせ お問い合わせ

相続コラム

代襲相続

2013年5月28日

代襲相続とは、お子さんが亡くなってたり、または相続人であるお子さんが亡くなってたり、相続人である兄弟、姉妹が亡くなっていた時に、その孫、または兄弟の子ども、姪ごさん、甥ごさん達が相続人になることを代襲相続と言い、民法887条の2に規定されるものです。
代襲相続する者を代襲者、代襲相続される者を被代襲者と言います。

兄弟姉妹が相続人の場合は、代襲は姪・甥までで、その下へは下りず、お子さんが亡くなってる場合の代襲相続の場合は、孫も亡くなってた場合再代襲も受けられるという制度ですね。
これが代襲相続という制度です。


まずはメールで相談してみる

このページのTOPへ